不動産業界に関する情報

新着情報

不動産業界での宅建!

不動産業界での宅建、即ち宅地建物取引主任者という国家資格を保有している人は「業界・業務のスペシャリスト」と言うべき存在です。つまり、何と言っても土地は高価な資産であり、その高価な資産を売買したり、賃貸等で資産運用という業務をするにあたって、必ずスペシャリストが必要とされます。そして、そのスペシャリストが宅建資格保有者なのです。だからこそ、宅地建物取引主任者は、その資格証を携帯しなければならず、一定の業務の際には、お客様にその資格証を提示する法律上の義務があるのです。そして、不動産のお店には「専任の宅地建物取引主任者」が誰であるかを表示をするよう義務付けられています。

住みたくなる住宅

不動産関係の資格、宅建について

不動産関係の資格で特に賃貸業者に必須といわれるのが宅建です。正確には宅地建物取扱主任者と言い、国家資格になります。この資格を持っている人間が店舗に必ずいなければならないとされるため、大手の賃貸業者などでは、貸したい不動産の紹介時などにこの宅建を持つ人が同席する場合もあります。賃貸契約書の作成者は原則この資格を持つ人に限られており、この業界への転職や就職時には必ず役に立つ資格になります。このため、受験者数は毎年大勢いるため、この業界や業者では持っているのが当たり前という雰囲気や流れができています。