不動産業界に関する情報

不動産の短期譲渡所得とは

土地や建物などの不動産を売った金額から、取得や譲渡のために必要となった経費を差し引いた金額のことを「譲渡所得」といいますが、その所有期間が5年以下であるものを特に「短期譲渡所得」といいます。短期譲渡所得の場合、所得税の税率は30パーセントであり、所有期間が5年を超える「長期譲渡所得」の税率15パーセントと比較すると、大幅に高くなっています。なお、この場合の不動産の所有期間についてですが、土地や建物を売った年の1月1日現在における所有期間をもって、短期と長期とを分けることになっているため、税金の計算にあたっては注意が必要となります。

住みたくなる住宅

不動産の短期譲渡とは

不動産関係の専門用語の中に短期譲渡というものがあります。これは5年以内の所有となるものなのです。5年以下の資産譲渡というものなのです。これにより、支払い税金の率も変わってくることがあるのです。金額が大きいので税率のチェックはとても大切です。不動産を購入する場合には、どれくらいの期間になるのかということも大切なのです。土地を短期譲渡するということも多く行われています。土地やお金の管理というのは、とても大切なことなのです。管理については分からないこともたくさんあるので、専門家に相談をしてみると良いのです。