不動産業界に関する情報

不動産売買でかかる手数料

不動産の売買では、業者が仲介に入る場合は、手数料を支払わなければいけません。物件の購入価格によって金額は、異なります。ほとんどの取引では、400万円以上になることが多いので、その場合は、物件価格の3%プラス6万円の金額に消費税が加算された金額が上限となります。これは、買う側も売る側もかかる費用です。一般的には、上限いっぱいに設定されます。仕事上の付き合いがある不動産業者や知り合いに紹介された業者であれば、少し値引きをしてくれることもあります。ただ、手数料は、安易に値引きする業者は、後々問題が起きやすいので、注意です。

住みたくなる住宅

不動産売買に伴う手数料

不動産売買については宅地建物取引業者の資格を持つ業者が関与するのが一般的といえますが、売買が成立した場合には、一定の手数料をこうした業者に支払うこととなります。その金額については、著しく高額になることを避けるため、国で一定の上限額を定めています。業者が売主に代わって契約手続きまで委任されている代理とよばれるケースでは、取引価格が200万円までの部分については5.4パーセント以内、それ以上の部分についても価格に応じた割合が決まっています。不動産業者が売主との仲介のみを行っている媒介とよばれるケースでは、代理の場合の2倍以下が上限となります。